安養寺屋の 鍛造手造り料理 文化包丁


鍛造(叩いて打ち出)した庖丁ですので形 重さが全く同一ではありませんので 
細かくサイズを表示して紹介します。鍛造の特徴は叩く程に粘り、丈夫さが増し、長く切れ止みません

〒912-0015 福井県大野市中挟3-1304 
安養寺屋 前 勇一郎
 tel・Fax0779-66-2921


 メールqqs89f4d@snow.ocn.ne.jp


.

   

当店作の料理庖丁、やや厚手ですので研ぎ減るまで長く使えます。材質は武生特殊鋼材さんのDPSゴールド10の
本割り込み特殊鋼入りで、錆びません。柄は黒の合板 

下記サイズは一例です
(刃の中間):4mm
刃渡り:約170mm
全長:300mm
柄付重さ:約170g


 安養寺屋作 鍛造料理包丁 

   安養寺屋作 文化包丁 越前打ち刃物


「鍛錬」といって何度も叩いて仕上げて打ち出した刃の美しい包丁です。手造り品につきサイズの僅少の差はご了承願います。

                     

画像又は文字をクリックしてでお買い物
価格はすべて税込み

                                          送料1万円未満は500円、以上は無料(北海道・九州の一部、離島は変更有)

 

   安養寺屋の料理・文化三徳庖丁 鍛造ほうちょう 注文番号houtyou-005 安養寺屋の鍛造包丁 

刃巾45mm 刃渡り 約170mm 重量 170g
      
   

下記、送料表をクリックするとおおきくなります。地域により商品価格にプラスされます。


安養寺作ほか越前の料理包丁セット                                                                 houtyou-n-03  Bの右の包丁




当店包丁・刃物研ぎ 

    刃物の研磨 コツ  研ぎ方   庖丁の研ぎ方 仕上げ方  



まず、水砥石で大まかな錆や刃こぼれ等を取り除く

初めは中砥石で

次は仕上げの砥石で、より細かな目にして完成!


刃物のトップページへ刃物・鉈鍛冶屋の安養寺屋トップページへ戻る    先頭画面へ