鍛造手打ち鍬     鍬の先掛け 鋼付け

 
 〒912-0015 福井県大野市中挟3-1304 安養寺屋 前 勇一郎 0779-66-2921


第1弾 研磨・修繕 捨てなくてよかった! こんなにピカピカになりました


当店は打ち刃物製造のみならず、地元のお客様からも様々な研ぎ物をお預かりし、購入した当時のような状態に致します。
刃こぼれがひどい包丁や、もう切れないと思っている鋏などの切れ味を甦らせ、プロ・アマチュアを問わず多くの人からの要望にお応えしております。

 出刃包丁の研ぎ方 越前打ち刃物 かじや 手造り 福井県 裁ち鋏の研ぎ方 越前打ち刃物 かじや 手造り 福井県     鉈の研ぎ方 越前打ち刃物 かじや 手造り 福井県  鎌の研ぎ方 越前打ち刃物 かじや 手造り 福井県  斧の研ぎ方 薪割りヨキの修理 かじや 手造り 福井県
 包丁   農具   鉈   その他 

       こんなにひどい刃こぼれも                きれいに直ります

     
  

裁ち鋏修繕 研ぎ 刃物製造販売 鍛冶屋      裁ち鋏修繕・研磨後 刃物製造販売 鍛冶屋     刃こぼれ出刃修繕・研磨後 刃物製造販売 鍛冶屋   刃こぼれ出刃修繕・研磨後 刃物製造販売 鍛冶屋 

 
 真ん中の業務用大型水砥石で、荒研ぎ。
 この砥石で刃こぼれを直し、刃を研ぎ出していきます。水が流れているので、焼きが戻り
ません

   鍛冶屋の工房 火づくり 研磨 安養寺屋 刃物製造直販  

 刃物断面図 両刃

            鍛冶屋の工房 火づくり 研磨 安養寺屋 刃物製造直販
     刃物断面図 両刃                 刃物断面図 片刃

厚く研ぐ  薄く研ぐ 
刃が欠けていたり(焼きが固い)、刃先が曲がっている(焼きが甘い)ときは、厚く研ぐ事をおススメします。 
刃こぼれに強く、多少の固いものにでも、抵抗があります。
より切れ味を求める方にはおススメです
用途によっては刃こぼれする危険性もあります

ご希望の方は「当店お任せ」。又は「厚く研ぐ・薄く研ぐ」かをお知らせください

 第2弾  鍬の先掛け(サッカケ) 鍬の再生! リサイクルできるんです

    「サッカケ」とは、長年使い慣れて小さくなった農具・刃物をハガネを付け足して元通りに修復することを言います。
   昔は物が不足して何度も「サッカケ」して道具を大事にしたものです。
   特に当店の鍬は、使いよく切れが良いので地元の人は自分に合った道具を「サッカケ」しては、長年愛用しておられます。
「サッカケ」の工程


                         

                 YOUチューブの動画はこちら お問い合わせ

                                鍬・農具ページへトプページへ戻る



             〒912-0015 福井県大野市中挟3丁目1304   安養寺屋 前 勇一郎    Tel・Fax 0779-66-2921