藤井電工 ツヨロンの木登り器FR-100

「木登り器」とは杉等の枝打ちの際、木に登るためロープの付いた腰ベルトと併用して、足に装着する足金具である。

                                   取り扱い販売店  福井県大野市中挟3丁目1304 
                                   安養寺屋(あんようじや) 前 慶一 
                                   пEfax 0779-66-2921 Eメールqqqm46u99@shore.ocn.ne.jp                   

木登り名人3人衆 


 ツヨロンの木登り器、FR-100  ツヨロンの木登り器 藤井電工  藤井電工の木登り器 FRー100
 重さ約1130g、ゴムチューブ・
止めバンド付 

          22,600円 (税込)
    右足用
右足用・左足用の区別
があります。

木が丸いので”かかと側”
になる(図面左側)の爪の長さが
右側より数ミリ長い。

メッキ加工仕上げ
 スパイク付地下足袋又は
安全靴で 


ご注文
   木登り器Aバンド

Aバンドが傷んだら別途販売有り

     3,394円(税込)

   〒912-0015 福井県大野市中挟3-1304 安養寺屋 前 勇一郎 0779-66-2921

BIG NEWS

枝打ちのための「初めての木登り」DVD


★藤井電工「木登り器」「安全帯12C-70又はFC-22W」の2点セット販売  

  藤井電工木登り器・安全帯FC-22Wセット販売

木登り器     FR-100  安全帯FC-22タイプ又は12C-70タイプ        価格 (税込)
 FC-22W    12C-70 34,300円
 FC-22W−LY250  〃    −LY250  35,900円
   〃   LY300  〃    −LY300  37,500円


★藤井電工「木登り器」「腿掛けベルト」「安全帯12C-70又はFC-22W」の3点セット販売

木登り器    FR-100 腿掛けベルト 
R-600-OT2-DG
ワンタッチ
 安全帯FC-22タイプ又は12C-70タイプ     価格 (税込)
 FC-22W  12C-70  41,800円
 FC-22W−LY250   〃   −LY250  43,400円
   〃   LY300   〃   −LY300  45,000円

収納袋 おまけ      木登り器又はセット品でお買い上げの場合、収納袋サービスします。 

「木登りガニ」にバンドを取り付ける方法で「木登り器」も同じです。
木登り器・ガニのバンド取り付け方        前後に動かず、しっかり固定します。   
                                             ↓Uチューブでの冨田さんの動画です。
                                         http://www.youtube.com/watch?v=iYF2dlifxsQ&feature=youtu.be

ツヨロンの「木登り器」と安養寺屋の「木登りガニ」との違いについて?
 
「木登り器」は「木登りガニ」と比べ、若干ですが上爪は長めに、下爪は短めに付けてあります。「4本の爪先」を立木に当ててみると角度は、ほぼ同じです。。
「木登り器」はメッキ加工がして有ります。(「木登りガニ」は油性塗料)
「木登り器」は、下爪の中間に支柱が1本入っています。

注意 長い方の両爪の長さが違っています。左右を間違えないように装着してください。

            ←クリックする「木登りガニ」の詳細

「木登り器」は価格22,659 円、「木登りガ二」は価格28,800円

「昇柱器」と「木登り器」の違いについては?」 画像をクリックすると昇柱器の詳細

 
(1)早く習得するのは昇柱器、木登り器においては真っ直ぐな杉や檜から順を追って練習するのがベスト
 (2)枝打ちには身体ををそらし腕を伸ばしての作業で行動範囲が広い。
 (3)成長段階の若い樹木は昇柱器は禁物・・・・1本の爪に体重が掛かるので木の表面が傷付きやすい。
 (4)伐採する大木においては昇柱器でもよい。   広葉樹等の枝分れしている平なところで足を置くこともできる。  
 (5)重機の入りにくい箇所では「木登り器・昇柱器」は重宝する。   
   特に危険な場所では万全を期して身体にクレーンを付けての作業を。   上から(又は下から)順に枝を落として行きます。
   「ツヨロンの木登り器・昇柱器」「安養寺屋の木登りガニ」と、造園業の方は、時に応じて使い分けておられます。

「木登り器」や「木登りガニ」を着けたまま歩けますか?
 
   枝打ちする木の下に腰を下ろしてゴムチューブ、締め付けバンドを装着します。
   だいたい次の木へ移るときの間隔は短いので、装着したまま足の外側を地に付けて移ります。
   距離がある場合は、「木登り器・ガニ」を取り外してください。

      

 ・・・小柄で身が軽いと身体に負担がかからない・・・
ですが?

 当店ホームページで昇降には「小柄な人だと有利です」と明記してあるので、お客様の中には「身体がメタボだと爪先に体重がかかり、爪の先に無理がかかるのでは?・・・」と不安に感じられる方があるようですが、その心配はございません。
”爪先に負担がかかる”ということではないので、その点はご心配なく。

胴・補助ベルトも腰回りの大きい方にはLサイズ(在庫有り)LLサイズ(取り寄せ)
があります。


当地域は豪雪地帯で、杉林が多く、雪嵩で枝にすぐ近づけるので、雪が積もる早春にも枝打ちをします。最近は、夏場の暑い時期以外は年中枝打ちが盛んです。 


        
           藤井電工さんの製品一覧へ