安養寺屋開発商品ネギ 掘ったろう
大野市の特産 青ネギ白ネギ収穫の「掘ったろう」です


福井県大野市は寒暖の差が大きく、柔らかい"ネギ"の成長にも適した土壌でネギ生産農家が増えつつあります

                                   福井県大野市中挟3-1304
                                      安養寺屋  前  勇一郎
                                       пEFax 0779-66-2921
                                              Eメール:qqqm46u99@shore.ocn.ne.jp
                                  

 ネギ掘ったろう 意匠登録  大野市特産の白ネギ、箱に入れて出荷

これからがネギの出荷が本格化です。
特に掘り初めの頃は土壌が硬いので、
「ネギ掘ったろう」及び「里芋掘ったろう」
が活躍します。
 爪が長めの「白

ネギ掘ったろう(木柄)
 テコはステンレスで、畝の大小に対応するよう動きます
     価格 19,530円税込)
送料1,000円〜(代引き手数料400円

   ↓ネギが緑で分かりづらいので「ネギ掘ったろう」は赤く塗りました。

 ネギ掘り中    ネギ掘り 芋ほりの実演 利き足を台に乗せる
  菖蒲池の宮沢さん(80歳)まだまだ元気
   掘ったろうの柄を下に下げる
高く盛った土をスコップ(鍬でも良い)で掘り、土を軽く取り除く。土の状態により、直接「掘ったろう」だけでも良い。   「掘ったろう」に足を掛けて土の中へ     柄を下にさげると”ねぎ”が手前に倒れる

【お客様の声】スコップだけで掘っていたが、土への入り方が少ないので、何度も手を使って掘り下げていた。「掘ったろう」だと足で踏んで柄を下げるだけで、土もくっついてこないので身体の負担も少なくて済む。スコップのように土がつきにくいので作業が楽です

   スコップと「掘ったろう」の泥のくっつき具合い    「掘ったろう」製作 溶接中    炉で熱した爪先を急冷して焼きを入れる
  土の付き具合がこんなに違います    掘ったろうのガス溶接     「掘ったろう」爪の焼き入れ中


 福井県大野市のネギ畑


ご質問とご注文   トップページへ安養寺屋のトップページへ戻る